2006年02月27日

うろうろしていたら発見

http://www.oc-tv.net/tokyo-ska-paradise.htm

去年のスカパラユーロツアーのライヴ映像です。どこの会場なんだか不明なんですが。フランス語なんて読めまへん。

今年もきっとあるんでしょうね。ユーロツアー。おおまかでいいから早く日程を教えてください。秋のヨーロッパなんて素敵だろうなぁ・・・とつぶやいてみる。
posted by こるぐ at 17:07| Comment(3) | TrackBack(0) | 欧州股旅(ユーロツアー05) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月17日

無事帰国

16日の14時40分過ぎに予定通り関西国際空港に到着。暑いー。この体に纏わり付くような湿気。あぁ日本に帰ってきたんだなぁと実感しました。

帰りはまたもや高速バスで移動なのでリムジンバスで梅田まで移動。食事をしようと入ったのは丼もののお店。かき揚げ丼を食べました。やっぱり食の基本は米(ジャポニカ米ね。インディカ米ではなくて)・だし・しょうゆですよ。旅行中に特に食に関する不満はなかったんですけど(なんでも美味しく食べてたし)やっぱり日本食はほっとします。

ネットカフェで軽く時間を潰し、21時発の高速バスに乗り込み東京へ。帰りの飛行機で散々寝たにも関わらず、ここでも爆睡です。どんだけ寝るんだっていう話で(笑)そして翌日17日の朝の7時過ぎにやっと我が家へと到着したのでした。これにて遠足終了。

荷ほどきもそこそこにまたもやうとうとして食事してネットして....という自堕落な一日はこうして過ぎていったのでした。早く社会復帰しなくちゃなー。

posted by こるぐ at 23:55| Comment(4) | TrackBack(0) | 欧州股旅(ユーロツアー05) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月16日

棚ぼた

image/ska-korg-2005-07-16T21:34:07-1.jpgimage/ska-korg-2005-07-16T21:34:08-2.jpgimage/ska-korg-2005-07-16T21:34:08-3.jpgimage/ska-korg-2005-07-16T21:34:08-4.jpg

チューリヒを22:30に出発し、約6時間のフライトで朝5:35にドーハに到着。11日ぶりで何となく懐かしかったり。でも時間を潰せるものが何もないんだよなーと思いつつトランジット(乗り継ぎ)の手続きをすると、ホテルに案内するから待ってるように言われまして。え?ホテルで休めるの?と半信半疑で期待しつつ待つこと約3時間。待たせ過ぎ(苦笑)まあどうせもともとやることも特にないし、とのんびり待っていると名前を呼ばれ再びカウンターへ。そこでホテルのクーポンを渡されて入国手続き。ここで一緒に居合わせた同じく今夜の関空行きの便に乗る方に話を聞いたところ、カタール航空がトランジットする乗客の為にホテルと食事(3食!)を用意してくれるんだそう。費用は全てタダ。入国ビザも煩雑な手続きも一切不要。あんなに安い航空券なのにここまでしてもらっちゃっていいんでしょうか。わーい。

空港から10分程でドーハ市街のホテルに到着。まずは朝食を出された後で部屋にチェックイン。冷房はきちんと効いているし、広くてキレイ。シャワーも浴びれます。ワタシが旅行中に利用していた宿より全然いいんですけど(笑)
シャワーを浴びてテレビを見ながらうとうとしていると、昼食の時間だよ、と電話が入りまた食事。3食昼寝付きの高待遇ですよ。太らせて食うっていうんじゃないよね?(笑)

ずっとホテルにいるのもつまらないので街に出ることに。でも日本円の両替を受け付けてくれなかったので(週末だったかららしいです)特に買い物をするでもなくぶらぶら散歩して終わっちゃったんですけど。

午後の一番暑い時間帯だった為、街には人の姿があまりなく閑散としています。商店も昼から夕方の間は店を閉めてしまうのでまるでゴーストタウン。ワタシも最初は物珍しさもあってうきうき歩き回っていたんですけどあまりの暑さに(熱いって書いた方が近い灼熱具合)段々つらくなってきてしまい、早々にホテルに引き返してしまいました。

結局そのまま夕食を知らせる電話がかかってくるまで寝てしまい、ワタシの中東初体験は終了。もうちょっと色々見たかったんですけどあの暑さに負けました。
あとですね、イスラムの国なので街中で女性の姿を見かけないんですよ。だからワタシが一人でてれてれ歩いていると道行く人が見る見る。だからといって特に声をかけられるということもなく、危ない目に遭うことは全くありませんでしたが。
ちなみに特に露出度の高い服装だったって訳ではないです。ハンチングにポロシャツ、黒のパンツにビーサンというフェロモンの欠片もない(笑)ゆるい格好だったんですが。

20時にホテルを出て再び空港へ。出国手続きをさくさく済ませ、22時45分に飛行機は日本に向けて飛び立ったのでした。

posted by こるぐ at 21:34| Comment(4) | TrackBack(0) | 欧州股旅(ユーロツアー05) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月15日

そして6カ国目

image/ska-korg-2005-07-15T04:50:50-1.jpgimage/ska-korg-2005-07-15T04:50:50-2.jpgimage/ska-korg-2005-07-15T04:50:50-3.jpgimage/ska-korg-2005-07-15T04:50:50-4.jpg

トランジットで降り立ったドーハ(カタール)から始まって、パリとサンジェルマンアンレー(フランス)→ボルドー(フランス)→アムステルダム(オランダ)→ケルン(ドイツ)→ウィーン(オーストリア)→ミュンヘン(ドイツ)→ミュルーズ(フランス)と渡り歩いて最後の目的地はスイスのチューリヒです。ミュルーズはフランス領なんですが、電車で30分も行けばスイスなんですね。だからパリよりもチューリヒに移動した方が断然近いんです。そのため帰りはチューリヒから出発することにしたという訳です。12時半過ぎにミュルーズ駅を出発して2時間弱でチューリヒの中央駅に到着。日差しがガンガン照りつけてめちゃめちゃ暑い‥とても避暑地として訪れる街とは思えません。そういえば一昨年ここに来た時も記録的な猛暑でやたら暑かったんだよなーとぼんやり思いだしつつ街をうろうろ。とは言っても荷物があるし両替しないといけないし(スイスの通貨はCHF(スイスフラン))でそう動き回ることも出来ず、駅近くのネットカフェに行ってあとは駅のカフェでだらだらしてました。
飛行機は22時半出発なのでまだまだ時間に余裕があったんですけど、することも特にないし空港に移動しちゃいました。

そして今。チェックインを済ませ、搭乗口にいます。ドーハではメール送信ができないので、次に記事をアップするのは帰国してからになります。関空到着は16日の14:40の予定。時間かかりすぎ(笑)果たしてトランジットの空き時間17時間をどう過ごすのか。お楽しみに 。(7/14 21:50)

posted by こるぐ at 04:50| Comment(2) | TrackBack(0) | 欧州股旅(ユーロツアー05) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

7/13 NOUMATROUFF(Mulhouse)

image/ska-korg-2005-07-15T01:40:44-1.jpgimage/ska-korg-2005-07-15T01:40:44-2.jpgimage/ska-korg-2005-07-15T01:40:44-3.jpg

昨日は早めにホテルに戻れたので(それでもまぁ深夜なんですけど)しっかり寝て8時過ぎには駅へ。電車を3本乗り継いでドイツ南部を横断、国境近くの街から更にバスに乗り換えて、フランス東端の街ミュルーズへと向かいます。見渡す限りの田園風景。こちらに来てからは空ってこんなに広かったんだなーと今更ながら感じています。

14時半過ぎにミュルーズ駅に到着、先に到着している友人2人(一人は初対面)と合流して予約していたホテルにチェックイン。小さな街なのでユースなんてものはない、けどホテルに一人で泊まると高いんだよなぁということで、別口でフランスに旅行に来ているお友達に頼み込んでトリプルで泊まらせてもらった図々しいワタシ(苦笑)ほんとすんません。

街を3人でぶらぶらしていると、教会前の広場に大勢の人が集まってます。どうやら消防団員に軍から勲章が授与されるらしく(フランス語はさっぱり分からないのであくまで憶測)そのセレモニーが行われていた模様。見物人に混じって眺めていたら小さなフランス国旗をもらっちゃいました。ちょっと嬉しい。
広場には迷彩服に担え銃という出で立ちの軍人さんやら勲章をいっぱいつけた軍関係の偉そうな人やらぴかぴかの防火ヘルメットをかぶった消防隊やらブラスバンドやら‥でもそんなに物々しい雰囲気ではなく、何となく全体的にのーんびりしてました。楽団の人とか暑くてだれだれだったし(笑)面白いものを見れて特した気分です。

広場脇のレストランで食事を済ませ(そういえばきちんとお店で外食したのはこれが最初で最後だったような・笑)、21時過ぎに街の郊外にある本日のライブ会場へ。今日は単独公演ではなく、Betes de Scene!という4日間に渡るイベントの3日目に出演という形でして、スカパラは5バンド中4番目に登場とのこと。
3番目が一昨日のウィーン公演で共演したNEW YORK SKA JAZZ ENSEMBLEだったのでここでまず思い切りはしゃぎまくり。やっぱりかっこいい!メンバー一人一人の演奏のレベルがものすごく高くて安定しているんですよ。来日してくれたら絶対行くのになぁと思っていたらどうやら来年日本に来るらしいです。わーい楽しみ。

結局スカパラは予定していた時間をだいぶ過ぎて0時過ぎに登場。でも会場内はお客さんで一杯でした。みんなこんなに遅い時間まで遊んでいて明日大丈夫なの?(笑)

以下セットリスト。

Howlin'/TEQUILA/SKA ME/谷MC(英-仏語)/MARCH/APATCH/RIO/Natty/LOOK/ALL OR/Quick/LUPIN/TONGUES

フェスなので時間は短めでしたが内容はかなり濃かったんじゃないでしょうか。こちらに来て観た中で今日のお客さんが一番荒っぽかったです。当たりはキツイしダイバー続出。そんな中でもみくちゃになって全身アザだらけになり、転んで踏まれ、助け起こされ。そして左目のコンタクトレンズと両耳あわせて4つのピアスがいつのまにかなくなっちゃってました(笑)あーあ。でも楽しかったんですけど。どんなバイオレンスな趣味なんだって話ですな。

ライブ終了後に色々な人に声をかけられました。客として観ていただけなのに、みんながあまりに口々にスカパラ良かったよー!って褒めてくれるから便乗して誇らしげにどうだすげーだろうって気分になっていたワタシなのでした。人種や国籍は全く違うしお互い片言の英語を適当に並べてるだけでろくに会話も成り立たないんですけど(笑)でもそんなもの全てを乗り越えてライブ後の高揚感を共有して乾杯できるのって最高ですね。ビールが旨い!

今日はこのブログを見てメールを下さっていた方とイベント会場でお会いしました。何とfromバルセロナですよ。ボルドーの時に会った子といい、バルセロナには熱い人が多いんでしょうか。すげー。
こうやってちまちまとごく個人的な事を書き綴ってブログとして公開しているんですが、それがきっかけで色々な人と繋がっていけるのってすごいことだなぁとしみじみ思いました。だって普通に生活していたら知り合うこともなかったであろう人と一緒に飲んで笑ってライブを観ているこの状況って‥ちょっとした奇跡ですよ。大げさかもしれないですけど。

そんな出会いを楽しみつつ、ワタシの旅もエンディングを迎えます。スカパラ一行はあと2本ライブが控えていますがワタシは今日でおしまい。今年も沢山の楽しい思い出をありがとう。来年もきっと行くのでまたよろしく。って今から来年の話か自分(笑)




posted by こるぐ at 01:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 欧州股旅(ユーロツアー05) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月13日

7/12 FEIERWERK(Munchen)

image/ska-korg-2005-07-13T17:20:38-1.jpgimage/ska-korg-2005-07-13T17:20:38-2.jpgimage/ska-korg-2005-07-13T17:20:39-3.jpg

「人との出会いが旅だから借金してでも行きたいな」by MC BOSE(SDP)

さて、昨夜ユースの門限に間に合わず閉め出しを食らってしまったワタシは近くのバーで結構飲んでしまい(その前にもライブハウスで飲んでたし)、早朝やっとユースに戻れたものの5階(日本式では6階)にある自分の部屋にたどり着く前に力尽き、階段に座り込んだらそのままうっかり寝てしまい‥ええ寝過ごしましたとも。あーやっちゃった。
座席予約をしていた列車に間に合わなかったので次の列車でミュンヘンへ。直行ではないので途中ザルツブルクで乗り換えないといけません。二日酔いでコンパートメント脇の通路でぐったりしていたら、この車両はザルツブルクまで行かないから(途中で切り離される車両に乗ってたんですな)移動しないとダメだよ、と声をかけられまして。その人は親切にもワタシの荷物を持って前の車両まで連れていってくれたのでした。どうやらこの人も昨日のライブに行ってたらしく、ワタシに見覚えがあって声をかけてくれたらしいです。うぅありがとう。

乗り換えは無事に済み、予定より2時間ばかり遅れてミュンヘンに到着。駅のネットカフェでメールチェックを済ませてホテルに移動。本日の宿はハフトバーンホフ(中央駅)から徒歩2分という近さです。しかも安い。一泊29EURですよ。風呂トイレは共同ですけど。バイエルン州はユース利用の際に年齢制限があるためワタシは利用できません。なのでこういう安宿があって助かりました。

シャワーを浴びたり洗濯をしたりしていたら夕方になってしまい、結局全然街をぶらぶらしないまま郊外のライブ会場へ向かう羽目になってしまいました。有名な巨大ビアホールに行こうと思ってたんですけどね。というか時間の問題以前に二日酔いで‥(笑)

ライブ会場は中央駅から3駅という近さだったんですけど、繁華街の反対側なので思い切り閑散としていました。あ、でもマンションとか見かけたのでベッドタウンなのかもしれません。なかなか雰囲気のあるロケーション。

共演はSTEAMY DUMPLINGSという多分ドイツのバンドで、ネオスカでした。モンキーマンとかやってたな。いかにもドイツ!って感じのバンドでした。

セットチェンジを経て10時半過ぎにスカパラ登場。本日は青スーツです。セットリストは以下の通り。

SMOKY/TEQUILA/STOMP/谷MC(独語)/MARCH/APACH/Growl/RIO/Natty/悲しみの/Movin'/ALL OR/SKA ME/Lovers'/SKULL/Quick/LUPIN/TONGUES/EC.MONSTER

最初はお客さんの方に様子見の雰囲気が強くて全体的におとなしめかなぁと思っていたんですが「ALL OR NOTHING」で盛り上がりそうなエリアを軽くつついてみたら打てば響くような反応が返ってきて、心の中でガッツポーズですよ。そこからはどひゃーと盛り上がりまして。きゃー楽しい!以降ずっともみくちゃになって観てましたとも。おかげで腕はあざだらけですけど(笑)
「SKA ME CRAZY」ではフロアに加藤くんが飛び込んでくるなんていう愉快な出来事も。イントロのメリーさんの羊はやはり「おっ?」という反応があります。さすがスタンダードナンバー(笑)
あとライブの中盤からルパン三世ー!と叫んでいる人がいた程、ルパンはどの会場でもめちゃめちゃ盛り上がるんですよ。ヨーロッパでもルパンって放送されてたんですかね?

そんなこんなで本日のライブは終了。あぁ楽しかった。
隣でライブを観ていた現地在住の日本人の方の好意でホテルの近くまで車で送って頂いてしまいました。この場を借りてありがとう。途中でパトカーに捕まるなんてハプニングもありましたが(笑)うーん滅多にない経験をしてしまった。原因はシートベルトをしていなかったから。知らなかったんですけど、ドイツでは後部座席もシートベルトは必須らしいです。罰金を取られず注意だけで済んでよかったよかった。

こうして一人で旅をしていると色々な人の親切に触れる機会が多くて、ありがたいなぁと身に染みます。で、最初に書いた言葉を思い出す訳です。旅の楽しさっていうのは観光名所を見たり名物を堪能することよりもこういう出会いにあるのかもしれません。(7/13 10:20)

posted by こるぐ at 17:20| Comment(4) | TrackBack(0) | 欧州股旅(ユーロツアー05) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

7/11 ARENA(Wien)

image/ska-korg-2005-07-13T01:44:28-1.jpgimage/ska-korg-2005-07-13T01:44:28-2.jpgimage/ska-korg-2005-07-13T01:44:28-3.jpgimage/ska-korg-2005-07-13T01:44:28-4.jpg

はしゃぎ過ぎです、自分。

昨日の夜にケルンを出発して朝の9時にウィーンのウエストバーンホフ(西駅)に到着。更に地下鉄に乗り換えて本日の宿に向かいます。去年ウィーンに来た時にもここに泊まったんですけど、まずライブ会場に近い(地下鉄で一駅)そして安いんです。一泊なんと6EUR(笑)でもちょっとだけ値上がりしてましたけど。それでも6.5EUR。
宿のおじさんに去年来たよね?と言われてびっくり。よく覚えてたなぁ。そんなに印象に残る客ではないと思うんですけど‥。

ユースは昼間は部屋にいられないのでとりあえず街の中心部へ。デパートをぶらぶらしたりシェーンブルン宮殿(マリー・アントワネットがモーツアルトに会ったという逸話がある場所ですな)を見にいったりしたんですけど‥時間が有り余ってます。しかも雨が降っていたためあまり歩き回ることもままならず。早く夜にならないかなー。ってこればっかりですねワタシ。つくづく旅には向いていないなぁと我ながら呆れてしまうんですが。

結局やることもないし、ちょっと早いかなと思いつつライブ会場へ。ここに来たのは去年に続いて2回目なんですが、もとは工場だったのかな?そんな雰囲気の場所です。会場に到着した時にはまだリハをしてました。あ、今日はこの曲やるのね、ふむふむ。

去年来た時はパンクスが多かったんですけど、今年はあまり見かけなかったんですよね。別の場所で何かイベントでもあったんでしょうか?それとも客層が変わったのか。

今日の公演のメインアクトは実はスカパラではなく、NEWYORK SKA-JAZZ ENSEMBLEというバンドなんです。なのでまずスカパラが登場。スーツは白黒で 。セットリストは以下の通り。

SMOKY/TEQUILA/STOMP/谷MC(独語)/MARCH/APATCH/NASTY/Natty/欣MC(英語)/世界地図/ALL OR/SKA ME/君と僕/SKULL/Quick/LUPIN/TONGUES

メインアクトが控えているためアンコールはなし。ブーイングが起きている様子に思わずにやり。

ライブ中に隣にいた女の子にナンパされ(笑)一緒に大いにはしゃぎまくってしまったのでした。
NSFは今回初めて観たんですけど、これがものすごく良くて。是非とも日本公演をしてほしいもんです。明後日またMulhouseで観れるので楽しみです。

あまりにライブが楽しかったのでつい長居をしてしまってユースの門限を過ぎてしまったなんてオマケがついてしまいましたが(苦笑)それだけいいライブだったということで。
(7/12 18:45)
posted by こるぐ at 01:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 欧州股旅(ユーロツアー05) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月11日

7/10 SUMMERJAM3日目(Koln)~夜行列車の旅

image/ska-korg-2005-07-11T19:13:42-1.jpgimage/ska-korg-2005-07-11T19:13:42-2.jpgimage/ska-korg-2005-07-11T19:13:43-3.jpgimage/ska-korg-2005-07-11T19:13:43-4.jpg

滞在しているホテルのすぐ隣に教会があるんですが、朝の6時からこれでもかって勢いで鐘が鳴り響いてまして。日曜だからかなー(ミサがあるから)と寝起きの頭でぼんやり考えながら身支度をして外に出ると、通りの向こうからブラバンの演奏が聞こえてきました。何だ何だ?と思いつつ眺めていたら写真のような人たちがやってきたのですよ。どうやら結婚式だった模様。わーなんかいいもの見ちゃったなぁ。

12時にホテルをチェックアウトして、荷物はそのまま預けて三度フェス会場へ。とは言っても今日は20時半過ぎの夜行列車に乗るため16時には撤収。その後に大物出演者が続々登場するんですけどね。残念。
3日間野外をうろうろしていたためすっかり日焼けしてしまいまして。ジャマイカンな装飾品も増えて、すっかり「君、どこの人?」状態です(笑)

ホテルに戻って荷物をピックアップして夜行が出発する中央駅に移動。出発までまだ時間があったので、一昨日ケルンに着いた際に入ったネットカフェにもう一度行きました。ここには去年も来たんですけど、1時間1.5EURというお手頃価格。ちゃんと日本語のサイトも表示されます。

ケルンからウィーンまでは約12時間の長旅です。6人掛けのコンパートメントにはワタシを含め5人の乗客。途中、乗客同士で軽く口論が繰り広げられていたんですけど、言葉が分からないワタシはただぼんやりと観察するのみ。そのうち片方が降車したので無事終了。あーよかった。

同じコンパートメントの人たちは概ね親切でした。荷物を棚に上げてくれたり寝やすいようにイスを倒してくれたり。
こっちに来て日本との違いを一番感じるのが、知らない人同士でも積極的にコミュニケーションを取るということ。日本人の感覚だと、例えば電車でたまたま隣り合わせになった他人にいきなり話しかけるっていうのはまずないじゃないですか。でもこっちだとそれはごく当たり前のことなんですね。

国境を越える時にパスポートのチェックを受けただけであとは特に問題なく旅は続きます。移動中でもきっちり寝ることが出来るのがワタシの特技ですから(笑)(7/11 12:14)




posted by こるぐ at 19:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 欧州股旅(ユーロツアー05) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月10日

7/9 SUMMERJAM 2日目(Koln)

image/ska-korg-2005-07-10T20:36:27-1.jpgimage/ska-korg-2005-07-10T20:36:27-2.jpgimage/ska-korg-2005-07-10T20:36:27-3.jpgimage/ska-korg-2005-07-10T20:36:27-4.jpgimage/ska-korg-2005-07-10T20:36:27-5.jpg

昨日とはうってかわってピーカンの青空です。あちい。

スカパラは小さいほうのグリーンステージに14時35分から登場の予定‥なんですが。1時間前になっても彼らの姿形も見かけません。前日の会場はフランス北西部の街で、ここケルンまでは直線距離にしてもかなり遠いんですよね。間に合うのかなぁ‥。

と、はらはらしていたら出演予定時間の30分前に機材とメンバー、スタッフが慌ただしくステージサイドに到着。うわーよかった間に合ったよ。結局予定時間から30分遅れてライブがスタート。今日の青空にぴったりな(でも暑そう)青のスーツに身を包んだ10人が、お馴染みの「スウェーデンの城」の流れる中ステージに登場。到着したばかりで疲れているんじゃないかと心配する間もなく、フルテンションな演奏をかましてくれました。

セットリストは以下の通り。

STROKE/TEQUILA/STOMP/谷MC(独語)/MARCH/APATCH/RIO/Natty/LOOK/LUPIN/TONGUES

他の出演者に比べるとかなり時間が短かったです。ぎりぎりの到着でスタートが予定よりおしていたためなのかも。でもそんな状況でもきっちり見せる・魅せるステージを実現してしまうのはさすがだなと改めて感心したのでした。

あとは夜までだらだらとライブを見たり屋台で買い食いしたりサーカスを見たりして過ごしたのでした。今の季節だと夜10時を過ぎても夕方くらいの明るさがあるのでついだらだらしちゃうんですな。

昨日と同様、11時過ぎに会場を後にしてホテルに到着。シャワーを浴びたところで力つきて爆睡してました(笑)でもよく食べてよく遊んでよく寝るという何とも健康的な毎日を送っているため、体調はめっさ快調です。

ここで一応断り書き。ライブの写真を期待している方がもしいたら、それはこれまでも今後も載せない、というかそれ以前に一切撮っていないので。期待するだけ無駄ですのであしからず。ライブ中にステージを見ることすらまともにしないワタシが写真を撮るなんて‥まったくもって不可能ですから(きっぱり)
ステージに関しては仁礼さんという超一流のカメラマンが今回もツアーに同行しています。当ブログからもリンクしている「ほぼ日刊イトイ新聞」内の「写真で深呼吸」というコンテンツで現在ユーロツアーの写真が連日アップされています。なのでそちらをご覧ください。

あともうひとつ。ロンドンのテロの影響はこちらではほぼありません。国境を越える際にも特に何も問題はなかったですし。スカパラ一行も恐らく特に問題なく旅を続けているはずです。
安否確認のメールを頂きましたが無事でいますのでご安心を。この場を借りてありがとうございました。(7/10 13:35)


posted by こるぐ at 20:36| Comment(5) | TrackBack(0) | 欧州股旅(ユーロツアー05) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月09日

7/8 SUMMERJAM(Koln)

image/ska-korg-2005-07-09T19:19:09-1.jpgimage/ska-korg-2005-07-09T19:19:09-2.jpgimage/ska-korg-2005-07-09T19:19:09-3.jpgimage/ska-korg-2005-07-09T19:19:09-4.jpgimage/ska-korg-2005-07-09T19:19:09-5.jpgimage/ska-korg-2005-07-09T19:19:10-6.jpg

朝10時にドイツのケルンに向けて出発。ICE(ドイツの特急列車)はやはり乗り心地がよくて快適です。

それにしても天気が良くない‥今日から3日間野外フェスなんだけどなー。窓の外を見ると結構な勢いで雨が降っています。
12時45分にケルンに到着。やはり雨、そしてかなり肌寒い。レインコートを買ったほうがいいかなぁと思いつつ駅前の大聖堂を見上げる。カメラに収まりきらないその巨大さは何度見ても圧倒されます。
まずはチケットを買いにメインストリートのデパートへ。ここにプレイガイドがあるんですね。日本のぴあみたいなものです。3日間通し券で74EURなり。日本円で1万ちょっとです。

駅前のネットカフェで調べものとメールチェックを済ませて、本日の宿へ移動。フェス会場はケルンの市街からメトロで30分くらいの郊外にあるんですが、そこから比較的近い所にホテルを取ってあるんです。
が、しかし。最寄り駅に着いて軽く途方に暮れるワタシ。見渡す限り何もないんですよこれが。駅といっても路面電車の停留所みたいなもので、地図もない。わー困った。とりあえず適当に歩いているとバス停を発見。このバスのルート沿いに行けば大丈夫そうです。よかった。バス停3つ分ならまあ歩けるだろうと思ったら意外と遠くて、見渡す限り小麦畑の中、一本道をひたすら歩いてようやくホテルに到着。
荷解きやら洗濯やらしていたら5時を過ぎてしまってたんですけどまだ明るいし雨も上がったし、とりあえずフェス会場へ。会場へはバスで4つ目という近さです。歩いたら多分30分くらいなのではないかと。

このSUMMERJAMは今年で20周年を迎えたレゲエフェスで、ワタシはレゲエはあまり詳しくないのでいまいち分からないんですけど、そんなワタシでも名前を知っているようなビッグネームがずらり。1日目の感じだとルーツレゲエのバンドが多いです。

お客さんはそりゃもうヤーマンでラスタファーライですよ(意味不明)どっちを見てもドレッドとラスタカラーだらけ。日本人はおろか、東洋人の姿すら見かけません。

ていうか人の流れに沿ってぼんやり歩いていたら、いつの間にか会場に入ってたんですけど(笑)慌てて引き返してチケットをリストバンドに交換しましたとも。これってチケットがなくても潜り込めたってことすか?

今日はADF(ASIAN DUB FOUNDATION)やらドーン・ペンやら観てきました。あとはビールを飲みつつ出店をぶらぶら見て回ったり。そうこうしているうちに11時になっていたので、バスがあるうちに帰ろうと会場を後にしたのでした。

歩き回って疲れていたらしく、帰るなり化粧も落とさず爆睡してしまいました(笑)

posted by こるぐ at 19:19| Comment(2) | TrackBack(1) | 欧州股旅(ユーロツアー05) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月08日

THE SKATALITES(Amsterdam)

image/ska-korg-2005-07-08T18:28:19-1.jpgimage/ska-korg-2005-07-08T18:28:19-2.jpg

変わらない事は悪いとは限らないって事。

今日もスカパラはフランスでツアー中ですが、ワタシはちょっと寄り道をしてオランダのアムステルダムに来ています。って寄り道なんてかわいらしい距離ではないんですが。国境を2つ超えてるし(笑)何故そんな事をしているのかと言いますと、アムステルダムでスカタライツのライブがあるからなんです。

会場はスカパラも来た事があるmelkweg。英語にするとmilkyway=天の川という何とも雰囲気のある名前のライブハウスです。運河沿いにあるからなのかもしれません。
ここは大小2つのハコがあって、今回は小さいほうのOUDE ZAALでの公演でした。ちなみに去年、一昨年とスカパラが来た時は大きいほうのTHE MAX。2000年に初めて来た時はOUDE ZAALだったんでしたっけ?

事前にチケットを買っていなかったので、窓口でチケットを買おうとしていたら後ろから声をかけられまして。チケットを余らせてしまっている人がチケット要る?と話しかけてきたのでした。それなら引き取るよってことで10EUR払って受け取って券を見たら、15EURだったんですな。値引きして譲ってもらっちゃいました。わーい。

会場に入ったらそりゃもう見るからにスカ好きそうな人で溢れかえっていて、これだけでテンションが上がります。去年のスカパラのライブで見かけた人もちらほら。スカ系のイベントだと来ているお客さんが結構かぶりがちなんですが、それはここアムステルダムでも一緒みたいですね(笑)

ルーディウォッチングを楽しんでいるうちにライブがスタート。現在のリーダー(だとワタシは思っていたんですが)のベースの人が抜けてしまったらしいというのは風の噂に聞いていたんですが、やっぱり別の人になってました。でもですね、演奏はびっくりする程前と変わらないんですよ。今更言う事ではないのかもしれませんが、もうどんなにメンバーが入れ替わっても一緒なんですね、きっと。スカタライツというグループそのものがそれだけでもう人格を持った存在だと言えばいいのか。スカタライツはスカタライツとして存在することに意義があるのかもしれません。

演奏される曲も全てお馴染みの定番曲なんですよ。でも観に行っているこちら側もそれを期待している訳で。あーおじいちゃん達は今年も元気そうでよかった。ライブの内容はですね、去年の日本公演を観に行った方はあれと一緒だと思ってくれれば間違いないです(笑)

結局、現在もいるオリジナルメンバーはドラムのロイド・ニブスと ルトのレスター(下の名前何ていったっけかなー)とボーカルのドレン・シファーの3人だけなんですね。それでもスカタライツというグループはきちんと今でも存在し続けていて、こうやってツアーで世界のあちこちを巡って演奏活動をしているんだと思うと何だか勇気がわいてくるのでした。

ライブ終了後、一緒に盛り上がっていた女の子に、来週のマッドネスにも来る?って聞かれました。ここに来週マッドネスが来るってことはワタシも知ってるんだよー!行けるものなら行きたいよ。残念だけどトラベラーだから行けないの、と答えないといけないのが心の底から残念でした。

そうそう、スカパラ知ってる?とも聞かれました。知ってるも何も(笑)彼らも今ユーロツアー中なんだよって教えてあげたかったんですけど、ワタシの語学力では無理でした。あーやっぱり英語だけでも話せるようになりたいぜ。でも彼らは素晴らしい、みたいな事を言われ、誇らしい気持ちになったのでした。(7/8 11:30)

posted by こるぐ at 18:28| Comment(2) | TrackBack(0) | 欧州股旅(ユーロツアー05) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月07日

トラウマ

image/ska-korg-2005-07-07T21:40:23-1.jpgimage/ska-korg-2005-07-07T21:40:24-2.jpgimage/ska-korg-2005-07-07T21:40:24-3.jpg

眠いですー。

7時3分のパリ行きの電車に乗るために5時半に起床。寝たの3時過ぎてたんですけど(笑)でもどんなに普段寝起きの悪いワタシでも、こういう時にはきちんと起きられるもんですな。
10時35分にモンパルナス駅に到着。メトロに乗り換えてノール駅へと移動です。パリにはパリ駅というものは存在しないんですね。円状に7つの駅があって、行き先によって発着する駅も変わります。ボルドー発のTGVはモンパルナス駅に到着して、アムステルダム行きのタリスはノール駅から出発するという訳です。

乗り換えまでに時間が空いたので駅前で両替を済ませ(ワールドキャッシュの口座に入金しなかったのでいちいち日本円を両替しなければならないんですね)さてまだ時間があるしお昼を食べようかなと思っていると、マクドナルドが目の前 。

実はこのノール駅前のマクドナルドには苦い思い出があるんです。
二年前に初めてヨーロッパに来た際に、勝手が分からず事前に予約していたアントワープ行きのタリスに乗ることが出来ずに結局切符を買い直す羽目になり、へこみながら次の電車を待つために入ったのがここだったんですね。
当時は何も分からない手探り状態での旅だったのでそれこそ今ではもう思い出したくないようなトラブル満載だったんですけど、その辛かった記憶がマクドナルドを見て呼び覚まされました。なので敢えてまたここに入る事に。

あれから丸二年が過ぎて、ヨーロッパに来るのも3回目。相変わらず片言の英語しか話せないけど、あの頃よりも度胸はついてトラブルにも負けないしきちんと切符も買えるようになりました。
暗い気持ちで過ごしたマクドナルドに今また入った事で、当時のトラウマが解消出来たような気がしています。

と、自分にとってはかなり大きな意味を持つ時間を過ごし、再び駅へ。今回何と!初の1等車ですよ。わー緊張する。と言っても別に贅沢をしようと思って選んだ訳ではなく、サマーシーズンで切符が値引きされていて2等車通常運賃の約4割引の値段で1等車に乗れるようになっていたんです。うーんお得。

やっぱり1等車だと座席もゆったりしていて乗り心地がいいなーとうきうきしていたら出発して間もなくワゴンがやってきて食事を配り始めたのでした。しまった、1等車は食事付きだって事をきれいさっぱり忘れてた‥。マクドナルドでチキンフィレサンドのセットを食べたばかりで腹一杯だっつーの(笑)でも出されたものは残せない質なので‥完食しましたとも。そ はもうきれいさっぱり。食べ過ぎてお腹ぽんぽんですよ。やはり旅の達人への道はまだまだ険しいようです。(7/7 14:40)

posted by こるぐ at 21:40| Comment(3) | TrackBack(0) | 欧州股旅(ユーロツアー05) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

7/06 LE 4SUNS(Bordeux)

image/ska-korg-2005-07-07T16:51:22-1.jpgimage/ska-korg-2005-07-07T16:51:22-2.jpg

パリのモンパルナス駅からTGVで約3時間。感覚的には東京 広島をのぞみで移動するのに近いんですかね。なかなか快適な旅でした。窓の外に広がる田園風景。ひまわり畑。ぶどう畑。

ボルドー駅に到着し、予約していた駅前のホテルにチェックイン。ほっとしてそのまま寝てしまい(笑)起きたら開演1時間前でしたよ。なので結局観光は一切なし。

今日の会場はスキンズ多し。フレペよりロンズデールの着用率が高いと言えば雰囲気が伝わりますかね。そんな人達が会場前にたむろす光景は胸踊るものがありました。でもねー。いざライブが始まると彼らはステージ前までは来ないんですよ。なので予想していた程にはスキンズまみれになれずちょっと残念。

今日の会場は昔のON AIR EAST位のキャパでした。ステージが高めなので後ろにいても見やすかったです。ステージ向かって左がバーカウンターになっているんですが、何の曲だったか加藤くんがここに飛び移ってギターを弾いていました。

スカパラの前に2バンド出演していたんですが、どちらもすごく良かったです。特に2番目に出たASPOという10人編成+女性ボーカルのバンドが素晴らしく、このバンドが見れたのが今日一番の収穫だったかも。

たとえ言葉の通じない外国であろうと、わーっと盛り上がってる者同士で目を合わせてニヤリとするあの感覚は変わらないんだなぁとつくづく思います。でもクレイジーだって言われてメルシーと答えるのはどうかと思うよ自分(笑)

さて、今日のセットリスト。昨日とは大分変えてきてます。

Howlin'/TEQUILA/STOMP/谷MC(仏語)/MARCH/APACH/NASTY/Natty/SKARADA/STROKE/ALL OR/SKA ME/LOOK/砂丘/Quick/LUPIN/TONGUES/EC. MONSTER/EC.2 ペドラーズ

スーツは白黒でした。今日もあまりステージを見ていなかったんですけど、そんな状態でも特に印象的だったのが冷牟田さん。ステージの縁ギリギリまで来ては煽る煽る。
スカミーのイントロではNARGOのピンマイクがぴかぴか点滅してました。この前のツアーでも使ってましたね、これ。
モンスターロックでは沖さんのオルガン抱え弾き!えーすいません‥はしゃぎ過ぎてこの前後の記憶が(笑)
ステージ後方、川上さんの後ろ辺りにサッカー全日本の旗が掲げられていました。
以上、記憶の欠片を並べてみました。

バルセロナから見に来たという女性とライブで一緒に盛り上がって終わってから乾杯したり、日本語ペラペラ(以前名古屋に住んでいたそう)な現地在住の方にホテルまで送ってもらったり。音楽を媒介にして色々な人と交流を育んだ夜でした。
それにしても長い夜だったなー。最初のバンドのステージが始まったのが21時過ぎでスカパラ登場が0時ちょい前、終わってから飲んだりお話ししたりでホテルに戻ったのが2時半過ぎですよ。本当はすぐに記事をアップしようと思ってたんですが‥力尽きました(笑)という訳でこの時間の更新と相成りました。(7/7 9:50)

posted by こるぐ at 16:51| Comment(3) | TrackBack(0) | 欧州股旅(ユーロツアー05) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月06日

7/05 La CLEF(Saint-Germain en Laye)

image/ska-korg-2005-07-06T10:44:49-1.jpg

ブログがアップされていなかったようで失礼しました。調べてみたらボー○フォンの不具合が原因だった模様。現在は修正してあるのでこれからはきちんと更新出来ると思います。ご心配していた方がもしいたらゴメンナサイ。ワタシは元気です。

さて、いよいよ旅の一番にして最大の目的、ライブです。慣れない観光で消耗している場合じゃないよ自分。うりゃ!

がしかし、ライブ会場のあるパリ近郊の街、サンジェルマンアンレー行きの電車が止まっちゃってるー!ワタシがたまに気合いを入れるとこれですよ。朝の通勤ラッシュのような満員電車に詰め込まれ、時々止まるといういらんオプションまで付きながら何とかA線の終点のサンジェルマンアンレーに到着。
まあもともと時間に余裕を持って向かっていたのでそれでもまだオープン前だったんですけどね。

あ、そうそう、チケットが買えなかったのはこの会場だったんです。結果をまず言ってしまうと、何とか入れました。お騒がせしてスミマセン。
会場に入って納得‥狭い。会場全体で渋谷クアトロの下のフロア分の広さしかありません。これじゃ売り切れるよなぁ。
そして更に暑い!何もせずただじっとしているだけで暑い!きゃー助けてー!ステージ脇に設置された扇風機が唯一の空調だったのでは‥。あまりに空気が薄くて久しぶりにライブ中に過呼吸を起こしました。でも持ちこたえたけど。

ライブの内容は‥うーん忘却の彼方に(笑)いや、楽しかったんですけど暑かったことばかりがひたすら記憶に残るライブでした。そうそう、スーツは青でした←投げやりに書くな
でもあまりに暑くて開始早々にジャケットを撤去したメンバー多数。あの暑さならそれも仕方ないなぁって思います。北原さんに至ってはアンコールで再登場した時には上半身裸でした(笑)

結局暑かったって話しか書いていないですね(苦笑)果たしてこれがレポとして成り立つのかどうか‥でも本当に暑かったんだもん!(キレ気味)

それ以外の事を書くと、5年前のユーロツアーのTシャツを着たおじさんと話をしたとか、共演のペリカン何とか(名前くらいちゃんと覚えていなさい自分)のメンバーが他のどのお客さんより盛り上がっていたとか(彼らは2年前にもスイスのチューリヒで共演していて‥ああそうだ、あの会場もそういえばあり得ない程暑かったんでした)ステージ上をきちんと見ていなかったのがばればれな感想しか出てこないのでした。うん、明日から頑張る。

ついでに自分の事をもうひとつだけ書いてしまうと、行きだけではなくて帰りの電車も途中で止まるというオマケまでついてきたのでした。ああ、既に珍道中になる予感が‥(笑)

セットリスト。ねたばれの配慮をしたほうがいいですかね?携帯での更新だと「以下ねたばれ」って機能が使えないんです。もしやめてという方がいたらまた考えるので遠慮なく連絡下さい。
パケ代節約の為簡略版(笑)帰国してからきちんと書き直します。



STOROKE/TEQUILA/SKA ME/谷MC/マーチ/RIO/Natty/LOOK/ALL OR/Quick/君と僕/Scal/LUPIN/TONGUES/STOMP/EC.MONSTER

CDがリリースされているのはやはり強いなと実感。ベスト版に収録されている曲だと明らかに反応が違います。お客さんがメロディを口ずさんでいるんですよ。脇で聞いてこれはちょっと感動しました。

posted by こるぐ at 10:44| Comment(2) | TrackBack(0) | 欧州股旅(ユーロツアー05) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月05日

ベタですが

image/ska-korg-2005-07-06T01:22:15-1.jpgimage/ska-korg-2005-07-06T01:22:15-2.jpg

まあパリということで。

やっぱりワタシは観光には興味はないらしく、一応観光地と言われている場所を見には行くんですがそれで終わってしまうんですね。見て、あーなるほどと思って終了。つくづく面白くない人間なんですが。エッフェル塔も上まで登ってみようかなと思ったんですが、長蛇の列を見てあっさり却下(笑)

朝から張り切って歩き回っていたらもうやる事がなくなってしまいました。早く夜にならないかなー。そうなれば本領発揮、こっちのもんです←何がだ
まあチケットがあればの話ですけどね(遠い目)(7/5 15:50)

posted by こるぐ at 22:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 欧州股旅(ユーロツアー05) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

花の都?パリ

image/ska-korg-2005-07-06T01:21:28-1.jpg

長い1日でした。

ドーハから更に飛行機で飛ぶこと約7時間。19時過ぎにシャルルドゴール空港に到着。頭の中では剣さんが「シャルルドゴールルルー」
と歌っております(笑)

ワタシは何故かよく入国審査で引っかかってしまうんですが(そんなに挙動不審に見えるんでしょうか?)、今回はすんなりとスルー。というかろくにパスポートも見ずに流れ作業でハンコを押していたような感じだったんですが。いいのかそんなんで(笑)

預けていた荷物も無事にピックアップ、さてまずは宿へ移動です。空港から市内まではリムジンバスか電車で移動なんですが、面倒なのでバスに乗ってしまいました。が、結局バスを降りた後でメトロに乗らないといけないので別に電車で移動しちゃってもよかったかも。

パリのメトロは市内ならどこまで乗っても1.4EUR。自動改札になっていて案内板等も分かりやすく、東京や大阪の地下鉄に乗り慣れている人なら初めてでも戸惑うことなく乗れます。

駅から歩く事約10分で本日の宿に到着。ネットで事前に予約から決済まで済ませてあるので、ユースのゲスト使用料(事前にユース会員になっていた場合は無料)5.8EUR(二泊分)のみ支払う。

パリのドミトリーはMIX(男女混合)の所が多く、さすがにそれはちょっと‥と思ったのでここにしたんですが、なかなか快適です。でもベッドが‥。今は夜中で写真が撮れないのでまた後ほどアップしますが、寝ぼけて落ちないよう気をつけます。

そんなこんなでまだパリらしいものを何一つ見ないまま、パリでの第一夜は更けていくのでした。おやすみなさい。(7/5 0:15)

posted by こるぐ at 07:15| Comment(2) | TrackBack(0) | 欧州股旅(ユーロツアー05) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ドーハ到着

image/ska-korg-2005-07-06T01:20:23-1.jpgimage/ska-korg-2005-07-06T01:20:23-2.jpgimage/ska-korg-2005-07-06T01:20:23-3.jpg

朝日が眩しいぜ。

昨日(3日)23時45分、関空を飛び立ち、深夜1時に最初の機内食。食えんつーの(笑)でも出されたものは残さないというのがポリシーなワタシは完食。食事の内容はまあ可もなく不可もなくといった感じ。

あとはひたすら寝る寝る。最近忙しくて睡眠不足が続いていたので、それを取り返す勢いで寝倒しました。睡眠の友はスティービィー・ワンダーの「Key of Life」機内設備は割と充実していて、色々なアルバムを自分で選んで聴けるようになっていたんですね。これは重宝しました。

関空発なので当然と言えば当然なんですが、周りの乗客は関西の方が多かったです。機内を飛び交う関西弁(笑)

そんなこんなで朝の4時20分に乗り継ぎのドーハに到着。所要時間は10時間半といったところですね。トランジット(乗り継ぎ)の手 きも無事に済み(金属チェックに引っかかりましたが)、時計を見るとまだ5時。パリ行きの便が出るのは13時なのでまだまだ時間があります。暇だなぁ。

空港はキレイですが何も無いです。免税店にはワタシは用はないですし。着いてまず買ったのは乾電池と生理用品(苦笑)下世話な話でスイマセン。関空で買えばいいやと思っていたら、夜遅かったので買えなかったんですね。二つ合わせて14QRだったんですが、1QRが何円になるのか分かりません(笑)

とりあえず、持参した本を読んだり携帯をカスタムして(まだ電話帳も真っ白な状態なので)ゆっくり過ごします。(7/4 6:00)

※と、書いたものの、ドーハではメール送信が出来ず(通話はOK)先程パリに着いたので時間差でのアップと相成りました。御了承下さい。(7/4 19:50)
posted by こるぐ at 02:50| Comment(2) | TrackBack(0) | 欧州股旅(ユーロツアー05) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月03日

出発の日

あいにくの雨模様ですが。

朝9時10分に東京駅を高速バスで出発、17時過ぎに大阪駅着。大阪在住のお友達にわざわざ梅田まで出てきてもらい(ありがとう♪)食事に付き合ってもらいました。そしてハービスからリムジンバスで一路関西国際空港へ。

さくさくっと航空券受け取りから搭乗受付、出国手続きまで済ませてしまい、よしよし出だしは順調♪と思っていたら。

あっ、シティバンクの口座にお金を預けてくるのを忘れてた・・・。

シティバンクのワールドキャッシュカードというのを持っているんですけど、これは、銀行のキャッシュカードと同じような機能を持っていて、予め自分の口座に預けておいた現金を世界各国のATMで引き出せるという便利な代物なのです。これさえあれば多額の現金を持ち歩かなくていいので何かと安全で便利なんですけど・・・あぁそれなのに。

もう出国手続きを済ませちゃったから引き返せないしなぁ。うーんやっちゃった。

・・・ちょっと不安は残りますが、頑張って旅してきます(苦笑)
posted by こるぐ at 22:40| Comment(11) | TrackBack(0) | 欧州股旅(ユーロツアー05) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月02日

ファイナルアンサー

慌ただしく荷造り。早めにやるつもりが結局前日になってしまいました。基本的にいつも旅の荷物は少なめなんですが、それにしても少ないような…。何か大事なものを忘れてやしないかドキドキです。まあ基本的なもの(パスポートとか)さえ忘れなければいくらでも現地調達出来るか
ら、と最終的には開き直ることに。いいんでしょうか、こんなで。

ライヴにはマーチンというのがワタシにとっては定番なんですが、今回はスニーカーにしようかなと迷い中。どうやら猛暑らしいんですよね。今年のヨーロッパ。うーん…明日決めます。

渡航中の連絡先ですが、→に載せたアドレスか、ケータイのアドレスをご存じの方は@以下をt.vodafone.ne.jpに変えて送ってください。前半は以前のアドレスと一緒です。アドレス変更のお知らせをここで済ませるワタシ(笑)
ただ、海外で携帯を使ってメールすると高いので、お返事はネットカフェに寄れた時になると思います。遅くなることもあるかと思いますがご容赦を。

以上でユーロ05・準備編は終了。次回からいよいよ本編です。電波状況次第ですが、なるべく日刊ペースで更新しようと思っています。

posted by こるぐ at 17:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 欧州股旅(ユーロツアー05) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月01日

カウントダウン

いよいよ旅の準備が大詰めを迎えつつあります。物事って自分で計画しているようには進まないものですね。

出発を二日後に控えているのにも関わらず、まだ準備が終わっていません。あーもー行くのが面倒になってきた(投げやり)
でも下調べは全て完了。今回、チケットに関しては見切り発車をせざるを得ない状況なんですが、まあこれは何とかなるだろうと開き直ってます(あ、チケットが売り切れているのは一カ所だけなのでそれはご心配なく)。
とりあえず駅から宿とライヴ会場への行き方さえ把握していればどうにかなります。実は初めてユーロに行った2年前、この下調べが甘かったせいでライヴを一本観れなかったことがあったんですね。あと飛行機に乗り遅れたり。そんな事はないよう、今回は徹底的に調べましたから。


荷造りがまだなんですが、旅に必要なものは一通り既に揃っているはずなので、特に問題はないでしょう。足りないものは現地調達すればいいし。

明日荷造りしてあとはもう出発するだけ。うわー今頃になって緊張してきた(つづく)

posted by こるぐ at 17:18| Comment(2) | TrackBack(0) | 欧州股旅(ユーロツアー05) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。