2007年01月03日

「THE EXOTIC SOUNDS」MARTIN DENNY

martindenny.jpeg
真冬に南国。

普段自宅で音楽をほとんど聴かないんですが(ワタシにとって、酒と音楽はお出かけして楽しむものなので)、最近は自宅にいる時間が長いせいかぽつぽつ手持ちの音源を聴いています。これはその中の1枚。

以前スカパラ沖さんが何か(QMSだったかと)でオススメしていて、あ、良さそうだなこれ、と思い購入しました。もともとこういうラウンジものというかムード音楽ものは好きなんです。

マーティンデニーという人は実に沢山のアルバムを出しているんですが、こちらは日本編集のベスト盤で、井出靖・ヤン冨田両氏が監修しています。

タイトルとジャケットからイメージしたそのままの音です。欧米からみた南国。昭和の時代の「憧れのハワイ航路」的なムードといいましょうか。ある意味B級感満載なんですけど(笑)それがまたステキだったりします。

YMOの「FIRE CRACKER」がカヴァーだということを、これを聴いて知りました。原曲はこちらです。

真冬に聴くエキゾチックサウンドというものもなかなか良いですよ。
posted by こるぐ at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 音盤案内(CD/RECORD) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月16日

とうとう出ちゃいます。

B000GLKQI4.01._PE00_OU09_SCMZZZZZZZ_V64554929_.jpg

このコンテンツでまだ発売していないものを紹介するのは初めてなんですが。

「たらこ・たらこ・たらこ たっぷりたらこボックス(初回限定盤)」9/6発売予定

初回限定版には以下のような特典が付いちゃいます。買わなくちゃ!

【初回盤封入特典】
「たらこキユーピーでか☆ふわ携帯ストラップ」封入
「たっぷりたらこ・ステッカーシート」封入
「レアたらこグッズが当たる応募はがき」封入

CD-EXTRA
「たらこ・たらこ・たらこ」 振り付けプロモーションビデオ収録





posted by こるぐ at 00:46| Comment(4) | TrackBack(0) | 音盤案内(CD/RECORD) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月12日

「WACKIES SAMPLER VOL.2」V.A.

B0007W0MWW.01.MZZZZZZZこのカテゴリで記事を書くのも久しぶりです。って書く度に同じ事を言っていますが(笑)いやほんと最近全然買わないので‥‥。てな訳で久しぶりの音盤案内です。

ワッキーズっていうのはレーベル名です。主にダブの音源を出している所だって言っちゃっていいですかね。スカでいえばスタジオワンとかトレジャーアイルとか。そういうもの‥‥なんですよね?
何しろダブについてはまだ初心者レベルなんですよ。1、2年前辺りから好んで聴くようになったので。

そんなダブ初心者の入門盤としてもピッタリの1枚です(お、うまいこと話を繋げたね・笑)。オムニバス盤で色々入っているので、ダブってどんな音楽なの?って方は(自分含む)こういうレーベル単位のサンプラーを聴いて、その中から好みのアーティストを見つけて更に掘り下げて聴いていくというのも良いかもしれません。

ワタシはこのCDを風呂で半身浴しながら聴いていたら脳みそが溶けそうになりました(笑)そんな感覚を体験したい方にはオススメです。え?そんな体験したくない?(笑)



posted by こるぐ at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 音盤案内(CD/RECORD) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月21日

たまには書く

最近はまったく話題に出ていませんが。忘れてはいないんだよ。

12月リリースのスカパラの新曲「追憶のライラック」ですが、なんとワタクシ、まだ一度も聴いていません。ラジオで流れてるみたいなんですけどね。コンポの調子が悪くてタイマー録音が出来ないんですよ。日曜の夜に家になんている筈もなく‥という訳で引っ越し後のJUSTA RADIOはまだ一度も聴いておりません。
いっそここまで聴かないできたなら発売まで、またはライブまで聴かないでおこうかと思ってます。

で、何故か久しぶりに「PIONEERS」を聴いております。スカパラはライブで聴くものというのがワタシのスタンスなので、普段家でCDを聴くことはまずしません。にも関わらず、周期的に「PIONEERSを聴きたい!」という波がやってくるんですな。聴きながらうわーと心をざわつかせております。やっぱ好きだわ、このアルバム。

と、たまにはスカパラの話題も出しておきます。内容は旬でも何でもないんですけどね。


posted by こるぐ at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 音盤案内(CD/RECORD) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月16日

REALSTEP

image/ska-korg-2005-11-16T17:24:42-1.jpg

リアルタイムで今夜この記事を読んだ方はちょっと窓を開けて夜空を眺めてみてください。まんまるのお月様。満月なのかな?
駅のホームから撮ったんですけど、振り返ったら同じように携帯で撮影している人がいてちょっとおかしかったです。

昨日スカフレの新譜を買ったものの、電車で聴いちゃうのが何となくもったいない気がしてしまって。家に着くまでじっと我慢。ご飯を食べてコーヒーを飲んで。さて。

最初の一音を耳にした瞬間にまた泣きそうになりました。何だろうこのバンド。もうね、続けてくれてありがとう。そう言いたいです。日本という国にはThe Ska Flamesというそれはもう素敵な素敵な宝物があるんだぜって声を大にして言いたい。

20年間、日々の生活をきちんとやりつつ、決して速くないけど歩く速度で着実に音楽を続けてきた、そんな積み重ねがあってこその音でありREALSTEPなんだと思います。

聴きながら、薄暗くて柱が邪魔な渋谷のCLUB QUATTROでのライブの光景がずっと脳裏に浮かんでいました。決して観やすいハコではないのにQUATTROが大好きなのはスカフレをここで観ているからです。きっと。

posted by こるぐ at 17:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 音盤案内(CD/RECORD) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月15日

ついに

image/ska-korg-2005-11-15T17:50:46-1.jpg

この1枚を手にする日がやってきました。
The Ska Flamesの10年ぶりのニューアルバム「REALSTEP」。

最初にThe Ska Flamesのライブを観たのはいつのことだったんだろう?はっきり覚えていないんですけど、とにかくワタシが出会ってからは初のアルバムリリースです。どれだけこの日を待ったことか。

レコ屋に向かう電車に乗りながら1stアルバム「SKA FEVER」を聴いて涙目になり、到着後エスカレーターを駆け上り(危ないから)、店に入ってすぐの棚に置いてあった一枚をひっ掴み、会計を済ませじっとしていられなくて階段を小走りに駆け降り‥踊り場でパチリ。

こんなにわくわくした瞬間は最近では他にちょっと見あたりません。

まだ聴いてないのでそれはまた改めて。きっとクドい程この話題が今後登場すると思います(笑)

posted by こるぐ at 17:50| Comment(3) | TrackBack(0) | 音盤案内(CD/RECORD) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今更かよ!

image/ska-korg-2005-11-15T00:07:41-1.jpg

だって欲しかったんだもん。

リンクを張らせて頂いているトレスカさんのブログの記事を見てその存在を知りました。そして早速買っちゃいましたとも。

HMV限定販売の、スカフレイムス手ぬぐいと11月16日発売のアルバム「REAL STEP」のダイジェスト版CD-Rのセット。アルバム収録曲が全曲30秒ずつだけ聴けます。

明日(もう今日か)アルバム買いに走るっつーの!果たして今の時点でこれを購入する意味はあるのでしょうか。いや、いいの。だって10年振りの新譜ですもん。祭りだ祭りだ。

聴くならしっかり聴きたいからこのCD-Rは今は聴かないもんね。

posted by こるぐ at 00:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 音盤案内(CD/RECORD) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月02日

dancing mood

このブログの名前を決める際に、好きな曲のタイトルを拝借しようと思い立ちました。
で、いくつか候補があったなかで「NICE TIME」に決めたんですが、その候補の一つに「dancing mood」がありました。大好きなんです。この曲。

色々な人がこの曲をプレイしていますが、その中でも特に好きなのがワタシの心のアイドル(笑)エマーソン北村さんのインストバージョンです。インストだとタイトルが「dancing groove」になるんですが。

昨日エマソロを観に行った後で無性にこの曲が聴きたくなって、久しぶりにポータブルのCDプレーヤーを引っ張りだしてきてみました(iPodなんてハイテクなものはワタシは持ってないですから)。本日の通勤の供としてアルバム「California Soul」をセレクト。
暖かみのあるオルガンを聴きながら、初冬の夜の街をチャリンコでついーっと。にんまり。こういう何でもないことにとてつもない幸せを感じることだってあります。
posted by こるぐ at 23:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 音盤案内(CD/RECORD) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月23日

過去の遺産

先見の明あり‥‥なのかな?

少し前に「男脳・女脳」というのが流行っていましたが、それによると女は“ながら作業”が得意だとか。それが本当ならワタシは確実に男脳です。一度に一つのことしか出来ません。

ワタシが普段家にいるときに殆ど音楽を聴かないのはそのせいです。一度聴きだしたら最後、じっと地蔵のように座っていることしか出来なくなります。とくにレコードはヤバいです。プレーヤーの前にしゃがみこんで、レコードがぐーるぐーる回るのをじーーっと眺めながらぼーーっとしています。こんな姿を家人に見られたらいらない心配をされてしまうこと請け合い(笑)

そんなワタシですが、とある事情で現在手持ちの音源を総ざらえする必要に迫られておりまして‥‥今日も午前中から部屋中のレコードを引っ張りだしては聴くという作業を繰り返していました。これがですね、非常に新鮮な発見に満ち溢れているんですよ。買って1、2回聴いてそれっきりのもの、それどころか開封すらしていなかったもの(買ったの7年前!)までわんさかあって、いやー楽しい楽しい。この調子なら手持ちのレコードとCDだけであと1年は余裕で楽しめそうです。何故か何年も前にミュートビートを買っていたらしく、今になって聴き直してうおーとか言ってます。まさに3年殺し。

そんなこんなでぼちぼち方向が定まってきました。savaenneさん、来週はシクヨロです(私信)
posted by こるぐ at 17:41| Comment(3) | TrackBack(0) | 音盤案内(CD/RECORD) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月15日

Evil Tast Six Pint/Oi-SKALL MATES

最近めっきりネオスカや2トーンの音源を聴かなくなってしまっています。速すぎて聴いていても踊っていても疲れてしまうんですよ←年寄り?
でも決して嫌いになった訳ではなくて、やっぱり好きなんです。てな訳で(?)オイスカちゃんの久々の新譜です。タイトル通りの6曲入りのミニアルバム。

雑誌のインタビューで「オーセンくん」(昨今乱立する、オーセンティックスカであることにこだわりすぎの傾向がある最近のスカバンドの総称)をからかったりしていますが、そんな彼等の音はしっかりスカなんですね。形式よりも精神ってことなんでしょう。

と言いますかですね、スカであるかどうかということはぶっちゃけどうでもよくて、単純にかっこいいです。しばらくライブを観ていないんですが、バンドとしてのまとまり感が前よりはっきりと音に現れているなぁと感じました。

限定盤らしいので欲しい方はお早めに。12月にもミニアルバムを出すんですが今回のものと2枚1組の仕様になるそうな。うーんこの商売上手(笑)
posted by こるぐ at 17:27| Comment(2) | TrackBack(0) | 音盤案内(CD/RECORD) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月12日

息を吸いこんで/今野英明

このカテゴリで記事を書くのもえらく久しぶりです。3月のスカパラ以来ですか‥どんだけ
買ってないんだっていう話ですな。や、7インチはちょこちょこ買っていたんですよ、と言い訳してみたり。とにもかくにも久しぶりの音盤案内です。

活動休止中のROCKING TIMEのボーカル、今ちゃんのソロアルバムです。ソロ活動を本格的に始めて以来、ウクレレ片手に西へ東へと全国を渡り歩いている今野さんですが、そんな様子が伝わってくるような1枚。ジャケットの写真も今ちゃんらしくて良いですね。

以前、お風呂でよく歌っているという話を聞いたんですが、それを聞いた瞬間に思ったのが「今ちゃんちの子供になりたい」ということ。だってお風呂とか寝る前とか毎日の生活のその時その時にあの歌声が加わるってことじゃないですか。どんなお金持ちになるよりも豊かな日常だろうなぁとしばし空想に浸ってしまったのでした。

のんびりした気分で聴くとよりのんびりと、せかせかした気分で聴くとゆったりした気分を取り戻せる歌と演奏です。歌詞がシンプルで一度聴いただけですっと入ってくるのがまた良いです。

ただ、仕事に行く前にはあまり向かないかも(笑)
posted by こるぐ at 17:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 音盤案内(CD/RECORD) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月26日

HMVやるなー

image/ska-korg-2005-08-26T17:23:05-1.jpg

普段はタワレコ派のワタシなんですが、HMVがナイスな企画を展開中なので紹介しちゃいます。お店の回し者ではないですよ(笑)

写真はいずれも店内に置いてあるフリー冊子です。左から
「ALL BRITISH&MOVIE DISK GUIDE」
「BACK TO THE 90's WORLD MAGAZINE」
「REGGAE,SKA,DUB DISK GUIDE」
何故この順番で並べたのかというと、ワタシの音楽遍歴の流れそのまんまだからなんですね。BRITISH ROCK→CLUB MUSIC→SKA→REGGAE‥。過去にあんなにハマって聴いていたのに最近あんまり聴いてないなぁと冊子で紹介されている音盤や映画を眺めながらしばし懐かしさに浸ってしまいました。

店頭ではこの冊子に連動して特集コーナーを設けてあるので、気になったものは即購入できるのも嬉しいですね。お近くにHMVがある方は暇な時にでも寄ってみるといいかも。

posted by こるぐ at 17:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 音盤案内(CD/RECORD) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月09日

Answer/東京スカパラダイスオーケストラ

B0007CGS0W.09.MZZZZZZZこの一枚に現在進行形のスカパラが凝縮されています。まぁ生のライヴはこんなもんじゃないけどね。銀盤一枚に収まるものではないです。

と、いきなり身も蓋もないことを書いてしまいましたが…(笑)
去年リリースされたシングル、秋〜冬のツアーで披露され、繰り返し演奏され磨かれていった曲たち。ライヴ会場という「現場」を共有したことのある人は、その時の記憶が蘇るのではないでしょうか。
ワタシにとってもこのアルバムはここ数年の自分自身の記憶とオーバーラップする部分が多くて…客観的に良し悪しの判断を下す事は不可能です。

と、ディスクレビューを書くつもりがすっかりオレ語りになってしまいましたが(苦笑)もちろんライヴに行った経験がなくても楽しく聴ける一枚だと思います。

色々な切り口の曲があるのに真ん中に一本芯があってそれに貫かれている。で、その一本はずっと昔から、それこそスカパラというバンドが産声をあげたときから変わらずずっとあるものなんじゃないかなとそんな風につい思ってしまった一枚でした。収録曲のタイトル「FAMILY TREE
」からこんな発想が浮かんだのかもしれません。
posted by こるぐ at 17:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 音盤案内(CD/RECORD) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。