2007年07月29日

勝手に宣伝部長

お時間のある方は是非。

ライブのカテゴリで書きますが、ライブレポではなくて
これから開催予定のライブのお話です。

タップダンサーの熊谷和徳さんという方がいるんですが、
(サイドバーのブログリストにも熊谷さんのブログがあります)
この方のタップはすごいんです。

タップってダンスなんだけど音楽でもあるんだ。

彼のタップを見たときに、今までタップに対して抱いていた
イメージを完全に覆されました。
肉感的で音楽的。そう、音楽なんです。タップって。

スカパラライブのオープニングアクトや、Sembelloとの共演を
したこともあるのでご存知の方も多いかと思います。

そんな彼のライブが8/2、東京の六本木ヒルズであります。
しかもフリーライブ。
いい機会なので、お時間のある方はぜひ足を運んでみてください。

http://www.roppongihills.com/jp/events/kumagai_freedom.html

ワタシも都合をつけて観に行こうと思っています。
posted by こるぐ at 16:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 現場第一(ライブ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月03日

09.3/03 Down Beat Ruler(名古屋クラブクアトロ)

思い返してみると、The Ska Flames(以下スカフレ)を東京以外で
観たのはフジロックフェスティバルのみ。ホームである
東京でしか観たことがなかったんです。

というわけで、今回、名古屋に初上陸。
いえ、もちろん他の用事で過去に名古屋には数え切れないくらい
足を運んでいるんですが。気持ち的には初!そんな今回の名古屋行き
でした。

友人と二人でぶらり各駅停車の旅。いやがおうにも高まる期待。
最近は一人旅がほとんどなので、こうやって旅の連れがいるっていうのが
何だかとても新鮮で。楽しかったです。

と前置きはそれくらいにしてライブ本番の話。

今回は地元名古屋のTHE RUDE PRESSURES、
フロムNISHIOGI-TOKYOのOi-SKALL MATES、
そしてスカフレ。

久しぶりに観たループレは、いなたさが更に増していましたね。
カッコイイ。そして地元ならではの盛り上がり。愛されているなぁと
感じました。名古屋のスカシーンは彼らあってのものなんだなと
改めて実感した次第。

オイスカはさすがの盛り上がり。でも普段より少々硬かったかな?
そういえばオイスカもあまり東京以外の場所で観たことがなかったなぁと、
今これを書きながら思い出しました。
個人的には1stアルバム辺りの曲が一番好きなので、最近の曲が
多目のメニューにいまいち乗り切れなかったのが少々残念。
いえ、これはワタシが最近のライブに足を運んでいなかったから
なんですけどね。

そしてラストのスカフレ。
スカフレのライブを観ると「暴力的にHappy」という言葉をいつも
思い出します。これを言ったのはスカパラ谷中さんなんですが。
スカフレのライブははっきり言ってかなり危険です。
うかうかしていると冗談抜きで怪我をします。多分。
でもね、楽しいんですよ。気が付くと頬が緩んでしまっています。
幸せにしてくれる、という意味で、スカフレはワタシにとっては
特別な存在です。他とは比べ物にならないくらい。

去年出た10年ぶり(!)のアルバム「REAL STEP」の曲を中心に、
でもライブでは欠かせないキラーチューンもがっちりと演奏していました。
イントロで毎回わーきゃー言ってしまっていましたよ。
もうね、どの曲が次に来ても嬉しいんですよ。

ジャズヴォーカリストのAIKO嬢がゲストで登場。
そしてそして、アンコールで更にスペシャルゲストが。

ex.デタミネーションズの高津直由さん!!!
すいません、出てきた瞬間嬉しさのあまり泣きました。
少々照れながらはにかみ笑いを浮かべつつ
「飲んどるかー」
あぁ、高津のおっちゃんだ・・・・変わらないなぁ。

スカフレの大大大好きな曲・・・・えーっと何だっけ?
ごめんなさい、未だに曲名が全部憶えきれていないんです。
(ついでに告白しちゃうと、メンバー全員の名前すらきちんと
憶えていません。でも大好きなの)
とにかく、それを高津ヴォーカルで一曲。至福の時でした。

ライブ終了後、祝杯をあげる気分でビールを飲みつつ、
帰宅の途についたのでした。今回も幸せをありがとう。
posted by こるぐ at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 現場第一(ライブ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月18日

08.2/17 御チョコ祭2007(三宿Web)

Webの店長、長沢さんはバレンタインデイ生まれなんです。
そう、だからこれは長沢さんのお誕生日会なんですね、実は。

Webオープン当初から「VALENTINE KISS!!」というイベント名で
続いてきているんですが、最近は「御チョコ祭」というサブタイトルが
メインになりつつあります。どっちで呼べばいいのかいつも
迷ってしまうんですが(笑)

13回目の今回は、誕生日当日から3日遅れて本日開催。
ここ数年は欠席し続けてしまっていたので、ワタシにとっては
数年ぶりのバレンタインキッスでございました。

出演者及びタイムテーブルは以下の通り(敬称略)。

22:00-23:30 ナガサワ店長
23:15-23:45 YANA(ZEPPET STORE/DRYASDUST)
23:45-0:15 MAGUMI(LA-PPISCH)
0:15-0:45 冷牟田竜之(東京スカパラダイスオーケストラ)
0:45-1:15 朝本浩文(ram jam world) with MC CARDZ
1:15-1:45 松田"chabe"岳二(cubismo grafico)
1:45-2:00 blue-tree(mj-spirit)
2:00-2:30 曽我部恵一
2:30-3:00 MOBY(SCOOBIE DO)
3:00-3:30 GAKU-MC(EASTEND)
3:30-4:00 K.I.N(MELLOW YELLOW)
4:00-5:00 宇多丸師匠(Rhymester)
5:00-LAST ナガサワ店長

毎年大混雑するイベントなので最初から入店していました。
そしてほぼラストまで。
楽しかったなぁ〜。Webらしいアホなノリ全開で(誉めてますよ)。

特にラストの長沢さんの8〜90年代のヒットパレードのような
選曲がたまらなくツボでした。年齢ばれますけど(笑)
岡村ちゃんとか米米とか・・・当時そんなに入れ込んで聴いていた
わけではないんですけど、やはり音楽の原体験として体に染み込んで
いるのはこの辺の時代の音楽なわけでして。あぁ楽しかった。

明け方に店を出てから友達とダラダラとファミレスで過ごした時間を
含めて、何だか濃密な一夜でした。夜遊びはこれだから止められません。

そして長沢さん、お誕生日おめでとうございます!
これからもステキな遊び場Webには通いつづけていきます。
posted by こるぐ at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 現場第一(ライブ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月07日

07.2/07 TICA(下北沢lete)

早くも今年二回目のleteです。

TICAの十ヶ月振りのライブ。ワタシがTICAのライブを最後に観たのは
いつだろう?ちょっと記憶にないんですが。それ程久しぶり。

定員20名の贅沢な空間でのライブ。このハコだからこその
リラックスしたムードの中、ライブは進んでいきました。

詳細は後日加筆します。
posted by こるぐ at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 現場第一(ライブ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月03日

06.2/02 One More Step!!(渋谷CHELSEA HOTEL)

クラブイベントをハシゴしました。どちらも渋谷でよかった(笑)

お友達数人が去年始めたイベントの第二回です。
なんとも雰囲気のある名前の会場ですよね。
実際に行ってみたら内装もなかなか良かったです。
シャンデリアがあったりなんかして。

ワタシは3時過ぎになってお邪魔したんですが、この時間特有の
ダレた雰囲気もなく、非常によい感じに盛り上がっていました。
こういうイベントってやっぱり主催側がどれだけそのイベントを
楽しんでいるか、ってことに大きく左右されますね。
身内の贔屓目だっていうの差し引いてもいいイベントだったと
思います。三回目はいつなのかな。楽しみにしております。

お友達のジェイムスの作品も展示してありました。
その模様をご覧になりたい方はこちらをクリック。
posted by こるぐ at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 現場第一(ライブ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

05.2/02 夜ジャズ(渋谷JZ Brat)

年末のモダンジャズ入門に続いて、須永さん主催のジャズイベントに
遊びに行って参りました。

今回は二部形式になっていて、

一部:1st LIVE:West/Rock/Woods
2st LIVE:quasimode

二部:Sembello

という構成になっていました。ワタシは一部から通しで参加。
一部の出演バンドはどちらも初見でしたが良かったなぁ。

詳細については後日加筆します。
posted by こるぐ at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 現場第一(ライブ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月23日

03.1/23 エマーソン北村(下北沢lete)

素敵キーボディスト、エマーソン北村さんの久しぶりのソロライブ。
会場はお馴染みの下北沢lete。
定員20名のこじんまりとした贅沢な空間での素敵なひと時。

今回はいつもとはちょっと趣向を変えた内容でした。

詳細は後日加筆します。
posted by こるぐ at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 現場第一(ライブ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月19日

02.1/19 EASTERN☆SUPERNOVA(青山月見ル君想フ)

出演はトルネード竜巻、ベベチオ、Sembelloの三組。

個人的にこのハコが好きなんです。Sembelloをここで観るのは初めて
でしたがいいですね。よく似合っていました。

また後日加筆します。
posted by こるぐ at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 現場第一(ライブ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月14日

01.1/14東京スカパラダイスオーケストラ(さいたまスーパーアリーナ)

今回からライブレポの記事に通し番号を入れることにしました。

今年一発目のライブはこれです。

内容についてはまた後日加筆します。
posted by こるぐ at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 現場第一(ライブ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月08日

ツアー「Wild Peace」終了

更新サボり魔のこるぐです。こんばんは。

さて、7月にスタートした「スカパラ史上最大の作戦」(c.谷中さん)である
ツアー「Wild Peace」が、昨日の浜松公演をもちまして無事終了しました。
パチパチパチ(拍手)
まあ正確に言えば、来年の1月14日にさいたまスーパーアリーナで
ファイナル公演があるんですが、それは打ち上げというか何というか。
「デザートは別腹よ」ってことで←それは違う

ツアー初日は7月8日だったんですよね。夏だったんだよなぁ・・・。

序盤こそ張り切って更新しておりましたが、次第にライブに行くことで
いっぱいいっぱいになってしまい(苦笑)、すっかりライブレポを
溜め込んでしまいました。ごめんなさい。
そしてライブレポ以外の更新も滞る体たらく。情けない。

そして、ここ数年ですっかり恒例になってしまったんですが、
ツアーが終わったとたんに気が抜けて体調を崩します。毎回です。
ワタシ個人としては3日の広島公演がラストだったんですが、
翌日から3日間、仕事も休み自宅に篭っておりました。完全ダウンです。
ツアー中は気が張っているのか無駄に元気なんですけどね(笑)

年内完成を目指して、過去の記憶を手繰り寄せつつひっそりぼちぼち
ライブレポをアップしていこうと思っております。
と言ってもあまりに時間が経ちすぎているので、メモっておいたセットリストと
覚書程度のものになってしまうかと思います。ご了承ください。

さすがに70本を超える本数の全てを網羅することは不可能だったんですが
(当たり前)、行ける限りは行きました。1つのツアーでこれだけ観に行った
のは新記録ですよ。まあびっくり。


07/08(土) 日比谷野外大音楽堂

07/09(日) 日比谷野外大音楽堂

07/11(火) 新潟LOTS

07/12(水) 新潟LOTS

07/14(金) 横浜BLITZ

07/17(月) サンシティ越谷市民ホール

07/21(金) 大阪フェスティバルホール

07/27(木) 京都KBSホール

08/02(水) 那須野が原ハーモニーホール

08/07(月) 山梨県立県民文化ホール 大ホール

09/05(火) Feierwerk(Germany/Munchen)

09/06(水) Salzhau(Switzerland / Winterthur)

09/07(木) Bierhubello(Switzerland / Bern)

09/08(金) Ned(Switzerland / Montreux)

09/09(土) La Laiterie(France / Strasbourg)

09/10(日) Hof Ter Lo(Belgium / Antwerp)

09/11(月) Melkweg(Netherlands / Amsterdam)

09/20(水) サンポートホール高松

09/21(木) 高知BAY 5 SQUARE

09/25(月)宇都宮市文化会館

09/26(火) 水戸市民会館

09/28(木) なんばHatch

09/29(金) なんばHatch

10/04(水) 沖縄NAMURA HALL

10/16(月) 大宮ソニックシティ 大ホール

10/17(火) 鎌倉芸術館

10/19(木) 群馬県民会館 大ホール

10/25(水) Zepp Nagoya

10/30(月) 千葉県文化会館 大ホール

11/05(日) 札幌ペニーレーン

11/07(火) 函館 金森ホール

11/09(木) 帯広MEGA STONE

11/10(金) 富良野演劇工場

11/20(月) Zepp Sendai

11/26(日) 鳴門市文化会館

11/30(木) 熊本BATTLE-STAGE

12/01(金) 熊本BATTLE-STAGE

12/03(日) 広島クラブクアトロ


スカパラさんはこの倍近くの公演をしている訳ですよ。改めてそのパワーに
リスペクトです。しかも、一度として「今日は力抜いてるんじゃないの」と
感じたことがないんです。常にMAX。

「ライブはエネルギーの交換」とよく谷中さんが言っていますが、僅かでも
ステージに向けて何らかのエネルギーを投げかけることができたらいいな。
毎回そんな風に思いつつ観に行っていました。
行くからには「参加」するくらいの心積もりで行かないと。ね。

今回も行く先々で大勢の方にお世話になりました。
愛すべき友人達。ワタシに負けず劣らずのバカっぷりが最高です(笑)
(誉めてますよ。念のため)
ライブ会場でたまたま近くに居合わせて、一緒に楽しんだ見知らぬ方々。
あなた達と過ごしたライブという時間と空間が、
ワタシにとっては何よりの財産です。
ありがとう。

そして、最高のエンターテイメントを常に見せつけてくれた、
東京スカパラダイスオーケストラのメンバーご一同様。
スタッフの皆様。
ありがとう。

今回のツアー中にはライブ以外にも色々と感慨深い出来事がありました。
ここではそれを事細かに語ることはしませんけどね。
色々な意味で濃密な半年でした。しみじみ。



さて、旅の名残を慈しみつつ、荷解きしたきりの旅の残骸をどうにかしないと。
外出が続くと何故部屋って散らかるんでしょうね?殆ど家にいないのに。
posted by こるぐ at 23:01| Comment(4) | TrackBack(0) | 現場第一(ライブ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月07日

標高何メートル?

20061007.jpg20061001.jpg

富士の御山の近くに来ております。

報告はまた改めて。

あー月が綺麗だなぁ。
posted by こるぐ at 19:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 現場第一(ライブ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月24日

9/24 Moodstock(GARB pintino)

ひとまず画像のみアップ。
ステキ過ぎるロケーションでのステキ過ぎるライヴでございましたよ。
ふふふ。
レポはまた後日改めて書きます。

20060924203609.jpg

画像はお友達提供。ありがとう♪
posted by こるぐ at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 現場第一(ライブ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月11日

7/11 東京スカパラダイスオーケストラ(新潟LOTS)

帰ってきましたー!

やはりライブハウスで観るのが一番好きです。あぁ久しぶりのこの感覚。3月の松山・高知公演以来のオールスタンディング!そしてここ新潟LOTSは実に適度に狭くて居心地が良いんです(褒めてますよ)。東京・渋谷のO-Westと同規模でしょうか。ステージとフロアのこの距離感が大変心地よいです。

そして新潟のお客さんは非常にジェントリーでピースです。客電が落ちてメンバーがステージに姿を現しても、お客さんがあからさまに前に押し寄せないのは全国でもここ新潟くらいなのではないかと。素晴らしい。


以下ネタバレ
posted by こるぐ at 23:55| Comment(2) | TrackBack(0) | 現場第一(ライブ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月09日

7/09 東京スカパラダイスオーケストラ(日比谷野外大音楽堂)

変わったこと、変わらないこと。

さて、野音2日です。この野音という場所では何故こんなに祭り気分が高まってしまうんでしょう?それはスカパラに限らないんですけどね。都会のド真ん中にあるにも関わらず、木に囲まれ空に直結しているあの様子が良いんでしょうか。本日、また一つ「思い出深い野音ライブ」が増えました。

昨日は何とか持ちこたえた天気も今日は残念ながら‥‥でもそれもまた楽し。雨対策は一切していかなかったので(あえてね)、濡れるのに任せてはしゃぎまくっておりましたよ。いい年して何をやっているんでしょう(笑)でもそんな自分がちょっと好き。うふ。

1995年6月25日、日比谷野外大音楽堂。
ほんの好奇心でチケットを取ってそのステージを観た瞬間からワタシの人生は良くも悪くも大きく方向転換してしまいました。あれから11年。
同じステージに立つ彼らを見ながら、変わらないなぁとも、あぁ変化しているなぁとも感じていました。おそらくこれからもまだ当分はこうやってその姿を見続けて行くんだろうな。これは予想でもなく願望でもなくましてや意地でもなく。ごくごく自然な流れとしてそうなるんだろうなと確信しています。
これまで沢山の喜び、楽しみ、そしてたまにほんの少しだけ悲しみを共有してきたことに感謝。そしてこれからもよろしく。

以下ネタバレ
posted by こるぐ at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 現場第一(ライブ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月08日

7/08 東京スカパラダイスオーケストラ(日比谷野外大音楽堂)

東京スカパラダイスオーケストラTOUR2006「WILD PEACE」本日よりスタートです。

えーっとですね、まず最初に断っておきます。ワタクシ、日比谷到着前→野音入場前→ライブ中→ライブ後と‥‥飲み過ぎちゃいました(笑)そしてレポを書くたびに毎回くどいように繰り返していますが相変わらずステージをほとんど観ておりません。

そんな中何とか記憶を絞り出してレポらしきものを。

以下ネタバレ
posted by こるぐ at 23:55| Comment(2) | TrackBack(1) | 現場第一(ライブ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月04日

7/04 ドス・ソネス・デ・コラソネス(渋谷ADAN OHANA GALLERY)

image/ska-korg-2006-07-05T23:12:16-1.jpg

豊かな広がり。

先日の今野&hitmeのライブを観に来た際に、来週また投げ銭ライブをやるから是非遊びにきてねとお店の方に言われて、またまた来ちゃいました。今回は2階のテーブル席へ。広くはないんですが天井が高くて開放感のある居心地のいい空間。

image/ska-korg-2006-07-05T23:12:17-2.jpg

ゴーヤチャンプルーが美味しかったです。ゴーヤはやはり苦いほうが美味しいんですよ。うんうん。手前はティモヒート。ラムをソーダで割って生のミントの葉が入っているのが通常のモヒートなんですが、これはソーダの代わりに紅茶で割ってあります。甘くなくさっぱりしていてこれも美味しい。あー幸せ。

今回のライブはドス・ソネス・デ・コラソネスという二人組。キューバのソンという、サルサのルーツになった音楽をやっています。映画「ブエナビスタソシアルクラブ」を観たこ がある方はどんな音楽だか分かりますかね?そして実際に彼らは何度もキューバに演奏しに行っていて、あの映画に出演していたメンバーとも一緒にライブをやっているそう。おお!

各テーブルを回りつつ、その場でどの曲をやるか決めて演奏していたようです。たまたま誕生日前日だという女性に一曲贈ってみたり。歌とギターとパーカッション(マラカスとか)だけのシンプルな演奏なのに、とても豊かな音たち。演奏している側とお客さんの距離が近くて(当然生音です)、キューバの街角でもこんな感じで音が鳴らされているんだろうなぁと想像してみたり。

こうしてまた、好きなものが増えてそれ同士が繋がって‥‥更に輪が大きくなりました。色々と面白いこと、興味深いことが広がっていって楽しいなぁ。

のんびりしすぎてまた最寄り駅までの終電をタッチの差で逃してしまったんですが(笑)いい夜でした。人気のない、深夜の街をぶらりと歩くのも悪くないよ。うん、悪くない。

image/ska-korg-2006-07-05T23:12:17-3.jpg

posted by こるぐ at 23:55| Comment(2) | TrackBack(0) | 現場第一(ライブ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月28日

6/28 今野英明×ヤマカミヒトミ(渋谷ADAN OHANA GALLERY)

image/ska-korg-2006-06-29T10:57:30-1.jpgimage/ska-korg-2006-06-29T10:57:31-2.jpg

ものすごく贅沢。

本日はオフでした。で、2日前に偶然告知を見かけて(Cさん、あなたの日記で知りました。ありがとう)この素敵イベントに行くことに。仕事を終えた友人と待ち合わせて渋谷へ。

会場のADAN OHANA GALLERYは、白を基調にしたとても居心地の良い飲み屋さん。注文した料理がどれもあまりに美味しすぎて‥‥飲み過ぎました(笑)店員さんも初めて行ったのにそれを感じさせない気さくな応対をする方ばかりで、ついつい長居をしてしまいたくなるお店でした。日曜に続いてまた行きつけにしたい店が増えて嬉しい限りです。ちなみに写真は店名にもなっているアダンの実?花?です。

で、ビールと美味しいお料理でご機嫌になったところで今野さんとhitmeちゃん登場。今野さんの歌を聴くのも久しぶりですけど、hitmeちゃんとのコンビは‥‥いつ以来だったかな?それも覚えていない程久しぶり。
しかも、今野さん本人が「昭和枯れすすき」と言っていましたが、完全に生音。ステージなんてものは当然ないので空いたスペースで流しの二人状態で演奏です。わー。

普段今野さんはソロライブではウクレレを使っているんですが、今回はミニサイズのバンジョーを使用。hitmeちゃんはピアニカです。曲順は事前には決めておかずに、その場で次に何を歌うか決めていた模様。覚えているものを挙げてみるとBLUE MOON、トンネル抜けて、NICE TIME、見上げてごらん夜空の星を、I'm the mood for love、ゆらりろの歌、雲の上まで、東京ランデブー、サントワマミーなどなど。最後に井上陽水の「少年時代」と、途中で休憩を挟みつつたっぷりと聴くことが出来たのでした。

そして今回のライブの何がすごいってミュージックチャージが無しだったんです。投げ銭(チップ)方式が取られていました。まさに流しの二人(笑)

至近距離で生の歌と演奏を聴き、手元にはビールと美味しいお料理たち。最高に贅沢な休日を過ごしてきたのでした。

posted by こるぐ at 23:57| Comment(3) | TrackBack(0) | 現場第一(ライブ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月25日

6/25 東京スカパラダイスオーケストラ(TOWER RECORDS渋谷店STAGE ONE)

宴の始まりです。

アルバム「WILD PEACE」のレコ発イベントです。(そういえばこのアルバムについてまだ何も書いていないですね。近々書きます)。渋谷のタワレコには地下一階にイベントスペースがありまして、そこでライブ。天井は低いし狭いし暑いし‥‥でもこういう場所でのライブって実は結構好きだったり。

毎度お馴染みの「スエーデンの城」が流れる中メンバー登場。ピンク×ブラックのNEWスーツです。写真で見た時よりもシックな印象。

以下セットリスト

ゴッドファーザー愛のテーマ
PINZORO
Ska Pedalada

Come On!
太陽にお願い
White Light

EC
メンバー紹介
SKA ME CRAZY

NEWアルバムの曲を中心に、時間にすると30分強のステージでした。うわー短い。まあイベントなので贅沢は言えませんが。そして短いながらもきっちりと魅せるステージだったのはさすがです。うっかりしていましたけど、3月の神戸以来なんですよね、スカパラのライブって。実に3ヶ月振り。これで観客サイドのワタシもスイッチが入ったかなといったところ。

谷中さんは「ツアー前の0本目のステージだ」と言っていましたがまさにそんな感じ。ライブでは初聴きの曲(Come On!)もあったりで来月からのツアーがますます楽しみになりました。

posted by こるぐ at 23:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 現場第一(ライブ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

6/24 CLUB SKA(新宿WIRE)→TONGUES(三宿Web)

ハシゴ、ハシゴ♪

月末の最終土曜といえばTONGUES、なんですが、もう一つ素敵イベントがあります。それがCLUB SKAです。
もうCLUB SKAについては今更ワタシごときが説明する必要もないかと思うんですが、簡単に言えば日本のスカシーンの土台となった最古参のクラブイベントです。毎月行きたいと思いつつ、上記の通りTONGUESとかぶってしまうこともありなかなか行けません。ちぇ。

が、今回はMule Train(今年で活動10周年とか。めでたい!)のライブがあるという話を聞き、急遽行くことに。23時半頃到着したらもうライブが始まっていました(焦)気を取り直してまずはアルコール補給、完了後踊る踊る。思えばスカのライブも久しぶりでしたな。あーーやっぱり楽しい。

CLUB SKAはお客さんも非常におしゃれさんが多くていい目の保養になりましたよ。うひっ。Prince MATSUOKA氏のKillerな選曲に後ろ髪を引かれつつここでタイムアップ。山手線の最終電車で移動です。向かう先は三宿交差点のいつもの店、Web。

店に到着したら谷中さんが回していました。エルレガーデンとかかかっていて何やらアゲアゲ(笑)スカパラのアルバムが出たばかりだからなのか、普段より混雑した店内。フロアも大分盛り上がっております。でもまずはアルコール補給(またかよ)。Webはカクテル類がどれも美味しいんですよ。飲むだけのために来る価値がある程。

続けて川上さんだったんですが、今日はスカは一切かけず、ボッサ、ブラジル、ラテン、ソウルな選曲。むわー素敵!ワタシも一時期はこういうばっかり聴いていたんですが、最近はめっきりご無沙汰していたので‥‥このリズムで踊ること自体が久しぶりなのでめちゃめちゃ上がりました。でもどんなに久しぶりでも体はしっかり覚えていましたよ。その感覚を取り戻す過程が楽しい!気持ちいい!

それからは小原くん、谷中さん、小倉さんが加わって入れ替わり立ち代わり。やはりブラジル濃度高し。自分的なピークは谷中さんがかけたとある曲のイントロで訪れましたよ。

ジョージ・ベン!!!

あーもうすごく久しぶりに聴いて、すごく大好きな曲で。ぴょんぴょん飛び跳ねて喜びを表現してみました(笑)あとは小倉さんのかけるMUTE BEATにもぐっときたなぁ。小原くん、朝の5時過ぎにトム・ジョーンズってどうなのよ。いや、面白かったですけど。でもあの曲の邦題って「恋はメキメキ」ですよ?(爆笑)

とまあ行っていない人どころか居合わせた人にも全く伝わらない覚え書きでした。とにかく楽しかったということで。

4時頃からは店内のモニターでワールドカップの模様が流れ、居合わせたみんなでサッカー観戦。延長戦にまでもつれこむ白熱した試合でした。

そんなこんなで店を後にした時には既に朝6時を回っておりました。あー長い夜だった。

posted by こるぐ at 17:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 現場第一(ライブ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月27日

5/26 GO DEH WID マニアック KILLER(新宿OPEN)

ドリーミーな夜。

新宿御苑のほど近くにある小さなレゲエクラブ「OPEN」。ここはとにかく音が素晴らしいです。ジャマイカ音楽を聴くならここが一番だとワタシは思っていますから。なんて言うか、音がとても柔らかい。身長を遙かに越える大きなスピーカーがどーんとあるんですが、そのドまん前にいても耳が痛くならないんです。ここに来てしまうと自宅のしょぼいスピーカーじゃダブなんて聴いちゃいらんないです。

で、本日は毎月第4金曜日のレギュラーイベントGO DEHのスペシャル版ということで、同じく第2火曜のレギュラーイベント、マニアックKILLERから小粥、森の両氏をゲストに迎えていたのでした。

小粥‥えっと普段呼んでいるように鉄人(てつんど)さんと書いちゃいますけど、鉄人さんの選曲はラウ゛ァーズを中心にスウィートな感じ。めちゃめちゃ甘甘でございます。素敵。
対する森さん(一応書いておくと、二人とも活動停止中のROCKING TIMEのメンバーです)はディープな選曲でくるかと思いきや、こちらも非常に甘甘でしたよ。あら意外。

GO DEHの大石さん(リトテン、ムードメイカーズ)となかむらかづきさんの選曲もね、すごい好みで。曲名とか全然知らないし覚えようとしない人間なので、詳しくは書けないんですけど。色々なタイプの曲をかけていて飽きさせません。素晴らしいです。

そんなこんなであっという間に時間が過ぎていき、気付けば最後まで。本当は始発の時間で切り上げて帰るつもりでいたんですけどね。また来たいです。はい。

以上で週末夜遊びシリーズ第一弾は終了。第二弾の話はまた後ほど。

posted by こるぐ at 10:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 現場第一(ライブ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。