2007年02月10日

「君に届け」椎名軽穂

kiminitodoke.jpegうっかり号泣。

まあ号泣というのは大げさなんですけど(笑)
泣いてしまったのは事実です。

近所の書店では、オススメのコミックを1巻だけ立ち読み用に開封してあるんです。
読んでみて、気に入って続きが気になったら買ってね、というその策略にまんまとはまりました(笑)

この椎名軽穂という漫画家さんの作品は、以前雑誌で何度か読んでいたような気もするんですが、正直あまり印象に残っていず(ごめんなさい)、名前は何となく見覚えがあるなぁという程度でした。が、何の気なしに立ち読みしたらこれがもう。

ある意味王道といえば王道な少女漫画です。
主人公が好きになる男の子なんて・・・こんな爽やか男子、現実にいるわけがない(笑)なんてつい斜めに見てしまう汚れきった大人のワタシ。そんなワタシでもはまってしまいました。

主人公の爽子がね、またかわいいんですよ。
こんなピュアな女の子っていうのもまた現実離れしてるんですけど。いいんです。それこそが少女漫画の醍醐味。

でも、爽子や周りの友達が、小さな思い違いや誤解ですれ違ってしまって、それに悩む姿を見ていると、あぁそういうのってあるよねと共感してしまったり。そんな、絵空事だけでは終わらないリアルな部分もあったりして。

高校時代なんてもうはるか昔のいい年した大人なんですけどね。あっはっは。
でもまあこういうものは年齢には関係ないのかもな〜なんて思いました。

現在コミックスは3巻まで出ています。現在も別冊マーガレットで連載中。まずい、連載にも手を出してしまうかも・・・(笑)
posted by こるぐ at 22:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 活字中毒(BOOK) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/33378980

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。